FC2ブログ

漢 灰釉獣面壺

th_獣面壺1

胴径=26.5㎝(耳径=29㎝)   高さ=20㎝

漢時代の耳付き壺ですが、底が三足のものは少ないんじゃないでしょうか。
口造りのシャープさは青銅器の雰囲気も感じられます。

灰釉としましたが、上釉として掛けたのではなく窯の中で灰を被った自然釉のような気がします。

底に焦げ跡が見られません、形態からして実使用では火にかけて使用するものでしょうから、
祭事で使用された祭器ということも考えられますね。
勿論本物だとすればという但し書きを加えておきます。2000年も前のことですから。

th_獣面壺2
th_獣面壺3
th_獣面壺4
th_獣面壺5

獣面紋と言われる絵柄です。邪気を祓うということなんでしょうか。
th_獣面壺6
th_獣面壺7

口造りは大変シャープです。
th_獣面壺8

飛び鉋の技法も用いられているようです。

th_獣面壺10
th_獣面壺11

唐 加彩馬俑


th_唐馬1

唐時代の加彩馬俑です。

こんな素晴らしい造形の俑を副葬品にできた人はどれほどの力を持っていたのでしょうね。

馬俑としてはやや小型の高さ40センチ、鼻先から尾までもおよそ40センチ。正面からは概ね正方形ということですね。

細部をじっくり見れば顔の厳しい造形、脚まわりの筋肉や蹄部分など柔らかな中にもリアルな表現は実に力強いものがあります。

それにしても、どうやってこの四本脚で自立する馬を歪みなく焼き上げるのでしょうか、不思議です。

四面どこから見ても破綻のない造形です。
当時の工人の素晴らしい技には感服するばかりです。


th_唐馬2
th_唐馬3
th_唐馬4
th_唐馬5
th_唐馬6
th_唐馬7
th_唐馬8
th_唐馬9
th_唐馬10
th_唐馬11
th_唐馬12
th_唐馬13
th_唐馬14唐馬16
唐馬17

四本脚の俑の多くは脚と台が一体で造られることが普通だと思います。この俑は台の無い四本脚で焼かれています。
不思議なほどガタつきも無く自立します。この状態で千数百年の間無傷できたのも不思議なほどですが、やや不安も残るので、蹄部分を彫り込んだ台を造ってもらいました。少し安心です。

唐馬18

背景色を替えるだけで印象が変わりますね。
どちらの背景色も素敵です。

唐馬19

桜満開

先月の21日に開花宣言のあった東京の桜。
急に冬のような低温が続いたせいか、開花から半月経った今日でもまだ十分に満開状態が続いています。

今日は仕事の途中で大横川にかかる亥之堀橋を通り、ついでに満開のチョイ花見です。
江東区は江戸時代の水運を担った運河がよく残っている土地柄ですが、中でも大横川や横十間川沿いは同じく有名な目黒川の桜と肩を並べる名所です。
こちらは車が通らない分ゆっくりと桜を楽しむことができます。

th_DSCF4573.jpg
th_DSCF4579.jpg
th_DSCF4586.jpg
th_DSCF4588.jpg

今日はまだ花筏までは程遠いくらいの満開状態です。
明日と明後日、日曜あたりが散り始めの一番美しい状態になるんじゃないでしょうか。

th_DSCF4583.jpg

ついでに猿江恩賜公園にも立ち寄り、こちらも満開です。
th_DSCF4567.jpg
th_DSCF4569.jpg

桜の下では名前知らずの小鳥が虫でも探しているんでしょうか。

th_DSCF4571.jpg

早咲の桜と虹

昨日は曇天ときどき雨のやや肌寒い一日でした。

武蔵野市と江東区を2往復するという、ものすごい生産性の低い一日ではありましたが、まあこんな日もあるさというノリで首都高木場出口を出たものの、左折すべきところを右折。
どうも最近この手の勘違いが増えてきたような、やっぱり年なのかしら、、、

おかげで横十間川に沿って戻ることになり、新発見。上流のソメイヨシノは知っていたものの、下流に緋寒桜と河津桜の並木があったのは知りませんでした。

両方ともソメイヨシノより半月程度の早咲ですが、すでに満開ピークをやや過ぎたかなという程度でまだまだ十分見頃でした。今日の日曜日はたくさんの人出があるんじゃないでしょうか。

本命のソメイヨシノの開花もあと1週間から10日くらいでしょう。
二度の花見を楽しめる横十間川、なかなかに桜の名所です。
特に木場周辺の昔を知っている私には驚きの変貌ぶりでありますね。

こちらが緋寒桜(寒緋桜ともいうらしい)で
緋寒桜2
緋寒桜1


こちらが河津桜だと思います。
河津桜2
河津桜1JPG

二度目の帰り道、重苦しい空から雨が降り出し、箱崎インターあたりで西日を受けて面白く大きな虹が曇天に出現。
こんな二重の輪になったような虹は記憶にありません。

おかげで昨日はラッキーが二回。

面白い虹

漢 緑釉銀化小壺

中国 漢時代の緑釉銀化小壺です。

かつては大変高価なものでしたが、中国の大型開発によって各地から大量に出土し、今では大暴落といっても良いほどの価格で手に入るようになりました。

この壺は類品の中では小型の部類に属する、ちょうど良いサイズ感で私には好ましい壺です。

高さ=14㎝   口径=7.4㎝  高台径=7.7㎝

一括りに緑釉銀化といっても副葬品として2000年近く土中にあったものですから、銀化の程度は様々です。
状態の良い美しい銀化を呈した作品は案外に少ないのですが、本作は好ましく程よい銀化状態であるといえます。

なかなか銀化の状態を写真に収めるのは難しいのですが、頑張って撮影してみました。
土錆の付着も少なく、全体に綺麗です。
オパールのような美しい光彩は、鉛釉が長い時間の間に化学変化して生まれたものですが、これは贋物の緑釉陶によくある薬品処理されたものでは決して出せない美しさです。

仔細に見てみると、幾重にも折り重なったような微細な貫入があります。これももう一つのポイントでしょう。
小品ながら見所の多い小壺です。

th_緑釉銀化壺1
th_緑釉銀化壺2
th_緑釉銀化壺3
th_緑釉銀化壺4
th_緑釉銀化壺5
th_緑釉銀化壺6
th_緑釉銀化壺7
th_緑釉銀化壺9
th_緑釉銀化壺10
th_緑釉銀化壺11
th_緑釉銀化壺12
th_緑釉銀化壺13
th_緑釉銀化壺14
th_緑釉銀化壺15

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム