栗鼠葡萄置物?? いやいや水滴でした

th_P5060426.jpg

大きな(直径35㎝あります、ビッグでしょ)馬の目皿の真ん中にネズミの置物があるように見えませんか?

店主には、これは栗鼠の置物です、と言われました。
咥えているのはよく見ると葡萄です、葡萄とくれば当然のごとく栗鼠ですよね。
でも、、、それは分かっているけど、、、パッと見 やっぱりネズミに見えちゃうね!!

店主曰く、尻尾を見てください。先っぽがフサフサしてるでしょ、だから栗鼠ですよね、栗鼠の置物です。
ネズミが葡萄を咥えるはずがないので分かっちゃいるけどどうしてもネズミに見えちゃう。

こんな風に写すと暗闇から顔を覗かせたネズミに見えませんか??

th_P5060088.jpg

裏側から見るとこれはもう絶対に栗鼠ではありません。シロクマの子供が鮭でも咥えてるような、、、、、

焼成時に空気抜きが無いと割れるので 後ろ足の上あたりに穴があるんですとも言われました。
確かにあるね、空気穴みたいなものが。

th_P5060126.jpg

後ろから見たってやっぱり栗鼠じゃないね。

th_P5060135.jpg

この角度で見ると店主の言う尻尾の房がよく見えます。
ウン、これはたしかにネズミの尻尾じゃないですな。

th_P5060144.jpg

ということで、これは立派な栗鼠ということにしましょう。

ただこれ、売り手の店主はホントに置物と思い込んでいたようです。私もチョット見で気に入ったものだから置物として買ってきました。

20180504225102b0b.jpeg

例によって汚れ落としのハイター漬け3日間。
すっかり綺麗になったところでじっくり観察して、色々見えてきました。

これは置物にもなりますが水滴です。それ故に体型がこんな太った栗鼠になったんです。
頭から尻までフラットなので肥満体に見えるんですが、そうしないと器の底に水が溜まらないんですね。
この体形では栗鼠の軽やかな動きのイメージが湧きません。

ところで、上のような平戸置物の下絵を見つけました。御置物というタイトルです。

これなら葡萄に乗った栗鼠と一目でわかります。この現物が見てみたいですね。
色指定も素晴らしいです。
栗鼠は白、葡萄の葉は瑠璃色、葡萄の実は青磁と彩色指定があります。いいですね。

それはともかく、さてよく見てみましょう。

体長は9㎝ 高さは3.5㎝です。

th_P5060153.jpg

鼻先に当たりによる釉ハゲがありますが本体の欠けは無いので気になりません。ほぼ完品です。

th_P5060378.jpg

上から見ると二つの型で作られたことがわかります。
この写真で見ると上下二つですね。合わせ目のラインを消すようにヘラを当てたので毛並みの模様が一緒に消えてしまっています。耳は後付けです。

th_P5060360.jpg

底は無釉です。合わせ型のラインがハッキリとわかります。
肌理の細かい綺麗な素地です。

th_P5060405.jpg

目がいいでしょ、この部分だけ無釉にして黒目の部分に鉄釉を落としています。
まるでガラス玉が入っているようなリアルな目になっています。

葡萄の枝が中空になってそこから水が出ます、とても綺麗に出ます、だから水滴。
この枝は型抜き後のボディに後付けでつけています。型じゃ抜けないですもんね。

th_P5060216.jpg

咥えているのは実の付いた葡萄の枝、ここは一体型で抜けますね。この枝の根元が注ぎ口です。

それにしてもいい加減な塗り分けですよね。
これでは平戸藩窯品とはとても言えないですね。 幕末あたりの生まれでしょうか。

th_P5060334.jpg


この穴がないと水滴にはなりません。

th_P5060316.jpg

毛並みの表現は型に彫り込んでいただろう事がこのいい加減な釉薬の掛け残しのお陰でよくわかります。

型から抜いた後で毛描きをすればもっとシャープに出るんでしょうが。
この辺りも盛期の一点物じゃないということが見てとれます。

th_P5060307.jpg
th_P5060289.jpg

やっぱりこの目はいいです。

th_P5060225.jpg


ライカ A型

バルナックライカの実質的な量産型初代機となるA型です。

A型は1925年シリアルNo.131から1929年No.21478まで製造が続き、その後レンズ交換ができるC型になっていくのですが、この機体はシリアルNo.16449でA型最終年1929年製造の新エルマー付きです。

この年代のライカにありがちな後塗りも無いように見えます。
ファインダーはクリアで、レンズもカビは見えず曇りも少ないようです。
(レンズが固定ですから奥までは見えませんが)

ということでこれが手元に来た状態です。

201803311945430d2.jpeg

いつもの通り掃除を始めて外観チェック。
ブラックの塗りも含めてほぼオリジナルだろうと思いますが、グリップ部のグッタペルカが茶色く変色し、汚れが気になり始め洗剤で拭き洗いました。 そこで気がついたのは汚れではなく色抜けだったのですね。

ということで綺麗にカーキ色風に変身してしまいました。

20180407222644a86.jpeg
20180407223704624.jpeg

この年代のものになると この症状は結構多いようです。もう90年近い代物ですものね。
グッタペルカの浮きや割れた個体も多いこの時代のものとしては、僅かな変色程度であれば程度が良いほうかもしれません。

黒が少し抜けてしまったこの風合いも案外に違和感がなく当分はこれで良しとしましょうか。
もうこのオリジナル材質は手に入らないようですから。

201804021920086b3.jpeg

このA型の前身は1923年に作られたシリアルNo.100で始まる30台のプロトタイプ。
0型とかヌルライカとかいわれています。(現在12台が現存しているらしい【完全オリジナルは3台ともいわれる】)当然ながらほぼ入手不可能。

そのヌルライカが最近ではウイーンのオークションハウスで3億円を超える額で落札されています。
シリアルはNo.122
その前には2012年に216万ユーロ(約2億8,500万円)で落札された「シリアルNo.116」
恐ろしいほどのバブリーな価格です。

これが落札されたヌルライカNo.122の写真です。

20180430132612f1d.jpeg

ということで、私がコレクションできるのは実質的にはこのA型が終着点です。
このA型も程度が良いものは少なくなってきているようです。

1925年にA型からスタートしたバルナック型ライカは1960年のⅢg型 最終シリアルNo.989250迄、凡そ100万台近く継続生産されたカメラの基本形だけに その初代A型の無駄のないフォルムはシンプルで最も美しいと思います。


20180402192009642.jpeg
201804021920117c3.jpeg
201804021920132d1.jpeg
20180402192014c58.jpeg
20180402192210ba2.jpeg

ファインダーはゴミの混入も無くクリアです。

20180402192204c2f.jpeg
20180407222445996.jpeg


ノンコーティングレンズですが、年代の割りにスレ傷も少なく、曇りも気になりません。

20180402192201198.jpeg

一応シャッターも全速それなりに切れているようですが、実写で確認が一番でしょう。
その他の機関の調子は問題無いようです。
4月には富士のモノクロフィルム生産終了も発表されたので、手に入るうちに撮影をしてみたいと思っています。

201804021922069f4.jpeg

鏡筒の磨耗が少なくメッキが綺麗に残っています。

20180402192209b31.jpeg

レンズ交換のできないA型の特徴的な外観はレンズ横の距離環ストッパー。
このストッパーアームにほとんど傷がないのは私としては大変嬉しい限りです。

201804021922033dc.jpeg

手前から A型(エルマー50㎜) 1925年〜
DⅡ(エルマー50㎜) 1932年〜
Ⅲf(ズミタール50㎜) 1951年〜

20180408000520874.jpeg

平戸 水滴2点

水滴でーす。この手の小物は気楽に楽しめます。

波乗り兎は平戸で良いのでしょうが、さて波文の方は平戸に入りますかね。

時代は、幕末?明治?どちらにせよ大差無し。

th_P4120009.jpg

月と兎と波、注ぎ口が欠けていますが形が可愛いでしょ。


th_P4120053.jpg

結構ザックリと欠けていますが水は意外なほど綺麗に注げます。

th_P4130002.jpg

底は無釉でわずかに布目が見えます。

th_P4120062.jpg

波文の方は肌が時代感無くテラっとしていますね。

th_P4120080.jpg

四つ足のくせにやけに座りがいい。 全くカタつきません。

th_P4130005.jpg

裏も釉が掛かっています、僅かに足裏だけ無釉です。

th_P4120071.jpg

連休スタート

今日から大型連休スタート

私は朝から仕事で少し遠出。
仕事とはいえこんな景色の中を走ってチョット休日気分。

田圃は苗の植え付けが終わったばかりのようですが、、、、、
走っていると早くもカエルの鳴き声が聞こえるんですよ、 今日はオープンで走っていたので。
もう初夏の感じです。

th_P1700102.jpg
th_P1700105.jpg

この季節は新緑の匂い、鳥のさえずり。オープン走行での楽しみです。
今日はホーホケキョの鶯とピーチブピーチブの雲雀が特に元気でした。(ピーチクパーチクとも)
他の鳥も鳴いてはいたんですが名前がわからない、、、、、、

th_P1700106.jpg
th_P1700109.jpg

オリンパス ペンF

ペンF(1963年5月発売) - 世界初のハーフ判一眼レフカメラ。

ハーフ判のオリンパスペンが空前といっても良いほどの大ヒット商品となってから、ハーフ判のレンズ交換ができる一眼レフが出来ないかということから始まったペンFシリーズの初代モデルです。
一般的な一眼レフの特徴であるカメラ頂部にペンタプリズムの突起が無く、レンズの中心が右側にオフセットされています。
ミラーが上に跳ね上がる方式から横に開閉する方式を開発したことでこのユニークなデザインが生まれました。

ペンFはその後オリンパスらしい本格的なシステムカメラとして発展していきます。
初代で特徴的なのは花文字といわれているレンズ右のデザインされた【F】でしょう。
このFのロゴも設計者の米谷さんのデザインだそうです。

次のモデルからはここにはセルフタイマーレバーがつくために花文字は初代のみとなります。

20180408064833e68.jpeg
20180408064837959.jpeg

初代のフィルム巻き上げはレバーを2回引き起こすことが必要です。
流石にこれは不便で、次のモデルのFTでは1回巻き上げに改良されています。

2018040806483640a.jpeg
20180408064827576.jpeg

花文字の【F】

20180408064834b5f.jpeg

シャッタースピードダイヤル Bから1/500

20180408064831138.jpeg


ペン・シリーズの設計者・米谷美久さんはペンからXAまでの設計に携わられたオリンパスのまさにレジェンドといえる設計家です。

米谷は、ハーフ判の画面が縦長になることからフランジバックを短くできるように、通常は上に跳ね上げるミラーを横に開閉する形式の設計を考え、それに合わせてペンタプリズムを使わずポロプリズムで画像を導くファインダーを導入する着想を得た(Wikipediaから要約)

20180408002725741.jpeg

ミラーアップの状態

201804080027267d2.jpeg

米谷さんは若い頃から実家にあったライカⅢfを使っていたそうです。
当時の公務員の平均月収が7千円でⅢfは19万円だったそうですから、現在の感覚だと500万円を超えるカメラということになりますね。

バルナックライカは米谷さんのカメラ設計の基準になっていったのではないでしょうか。
ペンFもその後のフルサイズ一眼レフのM-1もサイズやシンプルな無駄のないデザイン性は通ずるものがあるように感じます。(勿論レンジファインダーと一眼レフですから機構は別物ですが)

上段 ライカ / DⅡ Ⅲf
下段 オリンパス/ M-1 ペンF

20180216231037d7c.jpeg

右から DⅡ Ⅲf ペンF M-1

20180216231037a13.jpeg

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム