FC2ブログ

色絵柿右衛門様式菊文雪輪形猪口

雪輪向付1

久しぶりに色絵柿右衛門様式の器を購入しました。
江戸中期のいかにも柿右衛門らしい肌と絵付けの器です。

このところ中国美術に傾いてその強い造形に惹かれ過ぎているところがありますが、数年ぶりに日本の物に向き合うとやはり落ち着きますね。

この猪口は10客で伝世してきたもののうちの2客を譲っていただいものです。

雪輪猪口です、懐石道具として伝わったもので当初から国内向けの注文品だったのでしょう。
とても小さいです。小さな器ですが、柔らかな濁し手生地に几帳面な菊を描き裏絵に柿右衛門らしい蝶を添えています。
口径 7.4㎝ 高さ 5.0㎝

チョコというとお酒用と思いがちですが「Wikipedia」によれば
元来、猪口は本膳料理において用いられ、和え物や酢の物など少量の料理を盛り付ける為に使われていた器である。
しかし、江戸時代中頃から酒器や蕎麦切り用の器として使用され始め、現在では、こちらの使われ方が主である。
とあります。

雪輪向付2
雪輪向付3
雪輪向付4
雪輪向付5
雪輪向付6
雪輪向付7
雪輪向付8
雪輪向付9
雪輪向付10
雪輪向付11

ミノックス B型

th_PC300010.jpg

ミノックスはその小型軽量の形からスパイカメラとして有名で、映画などにも登場しています。
(実際にスパイが使ったかどうかは判りません)
各種ミノックスの中でもB型は1958年に生産が開始され、1970年まで長く生産されたそうです。

シャッター速度と連動するセレンメーターを内蔵しており、
全長98㎜重量92g、小型軽量ですが案外に使いやすいカメラです。

シャッター速度T・B・1/2~1/1000、ASA25~400の平均測光です。
フィルムサイズは8x11㎜。専用マガジン入りで現在でも入手が可能です。大変良く写るそうですがもうさすがにその気はありません。
デジタル全盛の今、その当時高嶺の花だったこんなに素晴らしいフィルムカメラが現実的な価格で手に入るのは嬉しいですね。

このカメラの凄さは金属の加工精度が高いことでしょう。
内部のギアなどをみても工作精度が高いことはすぐわかりますが、なによりもアルミ筐体の加工には感心します。
この年代にこのように綺麗な形状に加工できたことが私には信じられません。

このサイズの110カメラはミノックス以後国内も含め、いろいろと発売されましたが本機を超える工作精度と美しさを合わせ持ったものは現れなかったですね。

何はともあれ美しいカメラというだけで手に入れるに十分な理由があります。

th_PC300011.jpg
th_PC300012.jpg
th_PC300013.jpg
th_PC300014.jpg
th_PC300015.jpg
th_PC300016.jpg
th_PC300017.jpg
th_PC300018.jpg
th_PC300019.jpg
th_PC300020.jpg
th_PC300029.jpg
th_PC300038.jpg

フラッシュアダプターと三脚アダプターを付けた状態です。

th_PC300039.jpg
th_PC300040.jpg
th_PC300041.jpg
th_PC300050.jpg

スコータイ窯 鉄絵宝輪文鉢

直径=20.5㎝    高さ=7㎝   高台径=8.5㎝

東南アジアの焼き物はどこか似たような雰囲気を持っていて、勉強していないジャンルだけに窯がどこかなんてさっぱりわかりません。
この鉢は、はじめはカロン窯との紹介でしたが、いやこれはサワンカローク窯だということになり、その後スコータイ窯に落ち着いたのですが、私としては言われるままです。
いずれもタイの 古窯ですからまあ流石にそこはぶれていないようですが。

カロンは北部の地方窯、中央部に位置する窯でもサワンカロークは民窯的性格を持ち、スコータイは官窯的性格を持っているということですから、格は上がっていているので上々というところです。

しっかりと焼き締まって、普段遣いでも問題無しという安心感のある鉢です。

スコタイ 鉢1
スコタイ 鉢2
スコタイ 鉢3
スコタイ 鉢4
スコタイ 鉢5
スコタイ 鉢7
スコタイ 鉢8
スコタイ 鉢9
スコタイ 鉢10
スコタイ 鉢14

類似文様の鉢と碗の図録から。

スコタイ 鉢15
碗

漢 灰釉獣面双耳壺

th_獣面壺1

胴径=26.5㎝(耳径=29㎝)   高さ=20㎝

漢時代の耳付き壺ですが、底が三足のものは少ないんじゃないでしょうか。
口造りのシャープさは青銅器の雰囲気も感じられます。

灰釉としましたが、上釉として掛けたのではなく窯の中で灰を被った自然釉のような気がします。

底に焦げ跡が見られません、形態からして実使用では火にかけて使用するものでしょうから、
祭事で使用された祭器ということも考えられますね。
勿論本物だとすればという但し書きを加えておきます。2000年も前のことですから。

th_獣面壺2
th_獣面壺3
th_獣面壺4
th_獣面壺5

獣面紋と言われる絵柄です。邪気を祓うということなんでしょうか。
th_獣面壺6
th_獣面壺7

口造りは大変シャープです。
th_獣面壺8

飛び鉋の技法も用いられているようです。

th_獣面壺10
th_獣面壺11

唐 加彩馬俑


th_唐馬1

唐時代の加彩馬俑です。

こんな素晴らしい造形の俑を副葬品にできた人はどれほどの力を持っていたのでしょうね。

馬俑としてはやや小型の高さ40センチ、鼻先から尾までもおよそ40センチ。正面からは概ね正方形ということですね。

細部をじっくり見れば顔の厳しい造形、脚まわりの筋肉や蹄部分など柔らかな中にもリアルな表現は実に力強いものがあります。

それにしても、どうやってこの四本脚で自立する馬を歪みなく焼き上げるのでしょうか、不思議です。

四面どこから見ても破綻のない造形です。
当時の工人の素晴らしい技には感服するばかりです。


th_唐馬2
th_唐馬3
th_唐馬4
th_唐馬5
th_唐馬6
th_唐馬7
th_唐馬8
th_唐馬9
th_唐馬10
th_唐馬11
th_唐馬12
th_唐馬13
th_唐馬14唐馬16
唐馬17

四本脚の俑の多くは脚と台が一体で造られることが普通だと思います。この俑は台の無い四本脚で焼かれています。
不思議なほどガタつきも無く自立します。この状態で千数百年の間無傷できたのも不思議なほどですが、やや不安も残るので、蹄部分を彫り込んだ台を造ってもらいました。少し安心です。

唐馬18

背景色を替えるだけで印象が変わりますね。
どちらの背景色も素敵です。

唐馬19

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム