オリンパス ペンF

ペンF(1963年5月発売) - 世界初のハーフ判一眼レフカメラ。

ハーフ判のオリンパスペンが空前といっても良いほどの大ヒット商品となってから、ハーフ判のレンズ交換ができる一眼レフが出来ないかということから始まったペンFシリーズの初代モデルです。
一般的な一眼レフの特徴であるカメラ頂部にペンタプリズムの突起が無く、レンズの中心が右側にオフセットされています。
ミラーが上に跳ね上がる方式から横に開閉する方式を開発したことでこのユニークなデザインが生まれました。

ペンFはその後オリンパスらしい本格的なシステムカメラとして発展していきます。
初代で特徴的なのは花文字といわれているレンズ右のデザインされた【F】でしょう。
このFのロゴも設計者の米谷さんのデザインだそうです。

次のモデルからはここにはセルフタイマーレバーがつくために花文字は初代のみとなります。

20180408064833e68.jpeg
20180408064837959.jpeg

初代のフィルム巻き上げはレバーを2回引き起こすことが必要です。
流石にこれは不便で、次のモデルのFTでは1回巻き上げに改良されています。

2018040806483640a.jpeg
20180408064827576.jpeg

花文字の【F】

20180408064834b5f.jpeg

シャッタースピードダイヤル Bから1/500

20180408064831138.jpeg


ペン・シリーズの設計者・米谷美久さんはペンからXAまでの設計に携わられたオリンパスのまさにレジェンドといえる設計家です。

米谷は、ハーフ判の画面が縦長になることからフランジバックを短くできるように、通常は上に跳ね上げるミラーを横に開閉する形式の設計を考え、それに合わせてペンタプリズムを使わずポロプリズムで画像を導くファインダーを導入する着想を得た(Wikipediaから要約)

20180408002725741.jpeg

ミラーアップの状態

201804080027267d2.jpeg

米谷さんは若い頃から実家にあったライカⅢfを使っていたそうです。
当時の公務員の平均月収が7千円でⅢfは19万円だったそうですから、現在の感覚だと500万円を超えるカメラということになりますね。

バルナックライカは米谷さんのカメラ設計の基準になっていったのではないでしょうか。
ペンFもその後のフルサイズ一眼レフのM-1もサイズやシンプルな無駄のないデザイン性は通ずるものがあるように感じます。(勿論レンジファインダーと一眼レフですから機構は別物ですが)

上段 ライカ / DⅡ Ⅲf
下段 オリンパス/ M-1 ペンF

20180216231037d7c.jpeg

右から DⅡ Ⅲf ペンF M-1

20180216231037a13.jpeg

伊万里 蓋物3点

肩の力を抜いて楽しめる伊万里蓋物です。

明治には入らない幕末くらいの産でしょうか。
珍味入れなんでしょうかね。

大きさも一番大きな蛸唐草で高さ8.5cm胴径5.3cmです。
番傘の蓋物は楽しいですね。
網目文の蓋のつまみはキュートです。

20180409214710494.jpeg
201804092147079de.jpeg
20180409214705544.jpeg
20180409214703569.jpeg
20180409214705585.jpeg
20180409214708603.jpeg

平戸 水草文水盂

平戸としてはやや古い手の水盂です。
全面に水草のみが描かれています。

胴径はわずかに5.2㎝、どうやって轆轤を引くんでしょうか。 不思議です。

磁肌も柔らかく、平戸としては染付けの発色も鮮やかです。

201803251400533f5.jpeg
201803251400544fb.jpeg
201803251400574c3.jpeg
20180325140059e4f.jpeg


旧蔵者は牙蓋を作って茶入れとしていたようです。
仕覆も仕立てています。

201803251400566e7.jpeg


肌が柔らかく感じる理由の一つに気泡の大きさがあるといつも思うのですが、、、、

2018031223563873b.jpeg
20180312235636313.jpeg
201803122356389d0.jpeg

この品は図録所載品なので解説はこちらで。

20180313002535333.jpeg
20180313002540988.jpeg
20180313002536423.jpeg

桜満開

今日の暖かさでほぼ満開になりました。
通りがかりの隅田公園の桜。
土曜日のせいかそこそこの人出でしたね、みなさん土曜日はお休みなんですね。

th_P3240015.jpg

道路脇の菜の花が桜を引き立てています。

IMG_1453.jpg

こちらは桜橋の上からスカイツリー、隅田川、そして桜並木

th_P3240003.jpg
th_P3240007.jpg

桜越しにスカイツリー

th_P3240017.jpg

しつこく帰りがけにスカイツリーを下から

th_P3240019.jpg

猿江公園の桜並木

th_P3240034.jpg

桜と雪柳
案外に桜だけだと寂しいもので、他の色合いが入ると桜が生きますね。

th_P3240037.jpg

桜八分

八丁堀辺りの桜並木
もう8分咲きというよりちょっと見は満開でしょうか。

明日あたりは一気に満開でしょう。

20180324005524ebe.jpeg
20180324005526546.jpeg

深川辺りの通りがかりの小学校です。

時節柄卒業式でしょうかね。

こちらは7分咲きといったところでしょう。

20180324005527e8f.jpeg

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム