FC2ブログ

令和元年 九月場所初日

20190908232844b11.jpeg

太鼓櫓を見上げながらいざ初日の大相撲観戦へ

初日恒例の理事長ご挨拶、概ねいつも通りの内容ですが。
今場所も大関の休場ありですね。

20190908232852cfb.jpeg

横綱土俵入りは先場所優勝の鶴竜から
気負いのない綺麗な雲龍型の土俵入りでした。

20190908232851151.jpeg

続いて白鵬土俵入り
少し癖のある不知火型です。尻周りの筋肉の衰えが見えますね。
初日に金星を出しちゃったのは初めてでしょうか?

2019090823285270c.jpeg

今場所の注目は貴景勝。
10勝して大関復帰なるかでしょう。
さすがに初日の今日はやや緊張気味の相撲でした。
勝ち星を拾ったので明日からが楽しみですね。

20190908232852b03.jpeg

李朝 初期白磁壺

th_李朝白磁壺1

李朝初期白磁壺
高さ 18.5㎝   口径 9.0㎝   胴径 19.0㎝   底径 11.0㎝

「骨董は李朝に始まり李朝で終わる」んだそうです。

これは昔から言われていることですが、私に限ってはどうもいつもあっちに行ったりこっちに来たりでジャンルは定まりません。
一応伊万里、平戸をメインと思ってはいるのですが、ナカナカ。

李朝白磁壺の一番人気は提灯壺だということですが、私は本作のような唐の万年壺を引き延ばしたようなこちらの方が好みです。
しかしながら、なかなか目に叶う壺はそうそう出会うものではありません。

ご紹介の壺は、この手の中でもベストといって良いくらいの肌で、シミなども一切なく、嫌な貫入もありません。
胎土は硬く、底が厚いのか口縁の柔らかな印象とは異なり、手取りはやや重いです。

本作は世界的な古美術ディーラーである壺中居さんの箱に納まった由緒正しい品です。
一流オークションの伝来に「Kochukyo」と記載されるほどの名店といわれるのがわかるような気がします。

キリッとした姿ですが、口縁の低い返しの歪みや、僅かに残る胴の轆轤目のうねりなど日本人の侘び寂び心情に訴えるものがあるように思います。

写真で肌の雰囲気はなかなか伝わりませんが、色は実際には、僅かに青みのかかる冷たい印象の発色です。
飾る場合には照明で大きく印象が変わりそうです。

もうこれ以上の李朝は買えそうもないのでこの李朝で終わることにします。
始まりは平戸でしたが、、、、

th_李朝白磁壺2
th_李朝白磁壺3
th_李朝白磁壺4
th_李朝白磁壺7
th_李朝白磁壺8
th_李朝白磁壺9

壺中居さんの箱。

th_李朝白磁壺10

ぶどうの収穫

今年も鉢栽培のぶどうの収穫をしました。
どうも一週間くらい遅過ぎたようで、熟れ過ぎの粒もチラチラとあります。

農家さんが手塩にかけて作るものとは違って、色もムラがあり、粒の大きさもバラバラですが
今まででは最も多い8房ほどの収穫です。
現在の鉢サイズでは多分この辺が限界でしょう。

ぶどうの味は、、、マアそこそこでしょうか。

来年は鉢替えをしてもっと味を追求しよう!!!


20190809214826d30.jpeg
20190809214827334.jpeg

唐 加彩婦人俑

像高さ=39㎝(台座別)

婦人俑1

中国では権力者や貴族たちは死ぬと、殉葬として召し使いたちや、馬や馬車なども一緒に墓に埋めた時代がありました。(これは中国に限ったことではありませんが)

人形(ひとがた)の俑、あるいは道具類や動物などの明器を副葬品として埋葬するようになったのは中国では漢時代(BC 2~AD3世紀)から唐時代(7~9世紀)にかけてだそうです。

初唐頃の俑は男女共すらりとした細身の姿をしていますが、盛唐期(8世紀)以降になると美人の基準が変化してこのような豊満な姿になってきます。この姿は代表的な唐美人だったのですね。

唐文化の影響が強かった日本の天平時代では、正倉院に伝わる鳥毛立女屏風樹下美人図や、薬師寺に伝わる吉祥天像などはこれらに通ずるような姿で唐の影響がみられる典型的なものといえるのではないでしょうか。

陶俑は技術的には緑釉や三彩など上釉をかけたものと、赤みのある土で形を作り、その上に白泥を塗って頭の毛には黒、唇や頬には赤い顔料を、衣は緑など彩色した「加彩」といわれる二つの様式があります。

加彩の俑は上釉を掛けて焼かれたものよりもはるかに柔らかな印象となり、唐美人にはふさわしいかもしれませんね。

婦人俑2
婦人俑3
婦人俑4
婦人俑5
婦人俑6
婦人俑9,1
婦人俑11
婦人俑12
婦人俑13
婦人俑14

北斉時代 如来立像残欠

中国北斉時代(550年ー570年)の如来立像の胴部残欠です。
像高=75㎝

廃仏毀釈によって頭部を壊され腕を折られ、打ち捨てられ、更に後年掘り出されて彩色されて再び祀られたものが数度にわたる廃仏毀釈でまた打ち捨てられるという歴史を経てきたものでしょう。

この像は今年1月にご紹介した如来頭部残欠と一緒に掘り出されたもので、見事に断面が一致します。


如来立像残欠1
如来立像残欠2
如来立像残欠3
如来立像残欠4
如来立像残欠5

この如来様は偏柦右肩式と言われる、薄い衣紋を左肩から右脇腹にかけて線刻で表現されたものですが、注意深く見ると、後年の発掘補修の際に両肩から薄緑色に彩色されたV字の衣紋が描かれていることがわかります。

如来立像残欠6
如来立像残欠7
如来立像残欠8
如来立像残欠10
如来立像残欠11
如来立像残欠12

2000年に東博で開かれた中国国宝展の図録no.134、如来立像の衣紋線の表現にこの立像の衣紋線は大変良く似ています。
th_立像2

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム