FC2ブログ

初期鍋島 梅花竹垣文五寸皿

梅を主題に描かれた鍋島なんですが、華やかな雰囲気を持っているため
つい桜に見えてしまう皿です。
梅と桜は鍋島でもよく描かれていますがその形にはハッキリとした違いがあります。

これと同じ竹垣に桜や石榴などを組み合わせた同様の意匠のものが何点か図録等にも
収録されています。定番図柄の一つなのでしょう。

色鍋島の皿としては、やや初期の分類に入るものだそうですが、最盛期の木盃型台皿ほどの
形の厳しさはまだ完成していないような気がします。
盛期のものより立ち上がりが浅いですね。

色絵の一部に色秞の煮えが出ています。
最近東京の古美術店に出た同手の皿にも同じく色絵の煮えが見られました。
まだ発展途上で焼成技術が安定していなかったのかもしれません。

図録などでも子細に見てみると、この皿と同じ色使いの葉の部分にはわずかですが煮えたような
部分があるものがあります。ひょっとするとこの色は融点が低いのかもしれませんね。

鍋島色絵の特徴でもある 染付による輪郭線 が梅の赤い描線部分で確認できます。
この輪郭線があることで梅の花に深みが出ているように感じます。

懸命に勉強していた若い頃と違い、美術館も古美術店巡りも とんとご無沙汰で
もともと数の少ない鍋島なぞを手にする機会がないだけに、図録頼りの乏しい半端知識では
なかなか難しい焼き物です。

40年ほど前に色絵の有名な青海波に牡丹の七寸皿を一旦購入したことがあります。
大先輩の師匠に大聖寺の出来の良い本歌のコピーだと即断されました。
その時初めて染付の輪郭線を教えて頂いたのですが
確かに下書き線がなかったですね。もう一つはやはり高台の厳しい造りの違いでした。

鍋島梅竹垣1

鍋島梅竹垣2

鍋島梅竹垣3

鍋島梅竹垣4

鍋島梅竹垣5

鍋島梅竹垣6

鍋島梅竹垣7

鍋島梅竹垣8

工藤 吉郎著 『鍋島』によれば延宝時代ということですが、
初期鍋島-古鍋島-盛期鍋島という従来の分類法も変わってきているようで、
鍋島は古伊万里ほど年代の整理が簡単ではないようですね。
鍋島色絵梅文皿

こちらはネット上で探した同手ですが、やはり葉の部分の色絵が煮えて飛んでいる部分があります。

th_鍋島梅竹垣9


オリンパス PENシリーズ

PENはハーフサイズを前面に打ち出した画期的なコンパクトカメラです。35mmフィルムを倍に使えるわけですからこの当時まだ高価だったフィルムの価格を考えると、この点でもインパクトは大きかったと思います。

家族写真や旅行のお供の撮影レベルには十分すぎるほどの解像度を持つズイコーレンズで「固定焦点」「シャッタースピード1/60秒」「露出は絞りの自動調整」と、機能を合理的に割り切ったオリンパスペン。

写したいものにカメラを向けてシャッターボタンを押せば綺麗な写真が撮れました。現代のコンパクトデジカメなどより機能がシンプルなだけに、写真を撮るということだけに専念できる優れものでした。
ペンの誕生で随分と写真撮影の裾野がひろがったのではないでしょうか。

オリンパスホームページから引用
「買ったその日から、ボタンさえ押せばだれにでも写真が撮れるカメラ」というコンセプトで、固定焦点など機能を限定したシリーズ。セレン光電池の受光部カバーを、レンズ周囲にドーナツ状に配した独特の外観で知られる(このデザインは、レンズと極めて近接して同等の光量を計測でき、セレンの面積も比較的大きく採れる長所があり、派生型のEESや、1968年発売の通常型35mm版モデル「トリップ35」にも踏襲された)。初代EEからEE-3までのシリーズはマイナーチェンジを受けながら基本デザインを変えずに長期生産され、ペンの各シリーズの中でも合わせて25年に渡って生産される最多・最長生産のロングセラーとなった

オリンパスペンEE(1961)
使いやすさに徹したオリンパスペンEEは、昭和36年(1961年)の発売です。
 価格は9.000円。このEEシリーズは、8機種まで展開し、ペンカメラが広く普及する原動力となりました。











こちらはEE-3です。
ペンEE-3(1973年5月発売) - ボディの樹脂部分および張革がペンEE-2までの灰色から黒色に変更され、フラッシュ連動機構についてもガイドナンバー14(ISO/ASA100)におけるフラッシュマチック機構追加。レンズはDズイコー28mmF3.5。最後に登場したペンEFの生産終了後も1986年まで継続生産され、ペンシリーズの最終生産型となりました。

PEN-4
PEN-5
PEN-6
左:EE        右:EE-3
PEN-16

古伊万里  山荘観梅図壺

今年の梅は盛りを過ぎて、いよいよ桜待ちの頃となってきました。今年の桜は3月20日あたりというような話も聞こえてきます。

25年ほど前に入手した高さが30センチ程の梅を主題とした古伊万里壺です。

描線・染付の発色・肌合い等から寛文年間(1661-73)を下ることはないものと考えています。
この時代の製品には、今回の壺のように初期伊万里の匂いを残した自由奔放で、筆勢に勢いがあり重厚で力強い作品群と、藍九谷といわれるやや細い線描で、素地も薄くより白い肌合いのどちらかといえば繊細な作品群が混在している時代のように思います。

今回の梅の描法は有田南川原の窯ノ辻窯から出土の梅文茶碗によく似ています。窯ノ辻窯は開窯が1650年代あたりということですから、時代的には符合するものがあります。
尤もこの窯の主要産品は主に茶碗だったらしいので、壺が作られたかどうかは分かりません。

首が短い、というより首がないと言っても良い造形ですが案外と細目の姿には似合っているように感じます。
柴田コレクション第二集の図録84,85の壺の首が同様の造りです。

まあ絵に惚れて買う壺だからなんでもよく見えるのですが。

岩の裏から梅の巨木が壺を一周し、太い竹と竹葉がアクセントになっています。岩に寄り添って山荘があり、室内に高士が二人。ということで山荘観梅図としました。

伊万里梅山荘図大壺2

伊万里梅山荘図大壺3

伊万里梅山荘図大壺4

裏絵になっている竹の葉と鳥のカットが印象的であり、この余白が力強い表絵を見た後の昂揚感を鎮めてくれるようです。この飛翔する鳥の描法も初期伊万里に近いものではないでしょうか。

伊万里梅山荘図大壺5

伊万里梅山荘図大壺8.5

伊万里梅山荘図大壺8

伊万里梅山荘図大壺9

伊万里梅山荘図大壺10

伊万里梅山荘図大壺11

伊万里梅山荘図大壺13

伊万里梅山荘図大壺14

伊万里梅山荘図大壺15

伊万里梅山荘図大壺16

伊万里梅山荘図大壺17

伊万里梅山荘図大壺18

伊万里梅山荘図大壺19

大橋康二さんの著書『古伊万里の文様』
梅7 窯ノ辻窯出土の梅の描法に大変よく似ているように思います。
また、肩に巡らされている七宝文様も同時代の窯ノ辻窯出土片に見られる文様です。

th_P1200001.jpg

th_P1200002.jpg

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム