FC2ブログ

コダック レチナIa

前回に続きスプリングカメラのご紹介です。コダックレチナ。


以下【ウィキペディア】からの引用をします。

レチナ(Retina )は1934年からドイツコダックが製造販売したカメラである。レチナとはドイツ語で網膜の意。
レチナは、カール・ツァイス製テッサー、シュナイダー・クロイツナッハ製クセナーなど一流レンズを装着、シャッターもデッケル製コンパーを採用するなど良質なパーツを採用した製品であったが、その良好な性能に比して廉価でかつ小型軽量であったことから、市場において歓迎される大ヒット製品となった。

その価格は1934年の発売直後ドイツ本国で75マルクであった。同時代の上級35mmフィルムカメラは、1935年のライカIIIa(エルマー50mmF3.5付き)が307マルク、1938年のコンタックスII型(テッサー50mmF3.5付き)が360マルクであった。また日本では1935年時点で定価195円であった。

1937年時点でも日本でのレチナは定価195円-240円であったが、ライカはレンズのグレードにより580円から950円、コンタックスはその上をゆく970円-1,600円という超高額品で共に「家が建つほど高い」と言われていた。

レチナがいかにバリュー・フォー・マネーな製品であったかを物語る逸話である。

RETINA-5

RETINA-6

レンズはシュナイダー・クロイツナッハ製クセナー50mmF3.5、シャッターはMX接点を持つシンクロコンパーを装備。

RETINA-7

RETINA-8

蛇腹が見えます。これだけで嬉しくなります。

RETINA-9

巻き上げレバーは大きくて使い易い形状です。

RETINA-10

RETINA-12

ボディー上蓋にレバーを置きフィルムを巻き上げる方式はモータードライブを内蔵しないカメラで現代でも一般的であるが、この方式は1951年にレチナIa/レチナIIaで初めて採用され、エルンスト・ライツ(現ライカ)のライカM3発売までは「レチナ式」と呼ばれていた。

RETINA--15

これはなんだかよく判りません。

RETINA-11

やっぱりスプリングカメラはこの角度で見るのが一番です。

RETINA-16

RETINA-13

RETINA-14

綺麗なプレス文字。

RETINA-17

th_P1110001.jpg

1961年発売のハーフサイズコンパクトカメラで一世を風靡したオリンパスEEと比べるとコンパクトさが実感できます。

th_P1090002.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム