FC2ブログ

イハゲー エクザクタ・ヴァレックスIIa

エキザクタは世界初のレンズ交換ができる35mm一眼レフなんだそうです。
(このバージョンは1956年11月発売)

私の場合は機械式カメラがなんとなく好きという、にわかカメラマニアなので余り詳しく掘り下げて勉強している訳ではありません。
オブジェとして見るととても興味ある孤高の存在的な独特の魅力を持ったカメラです。
精密機械のメカニカルな美しさを感じ取れます。
フィルムカッターが内蔵されているとか、スローシャッターを切るには特別な手順が必要だったり、操作は大半が左側に集中しているとか他のカメラとは異なるいろいろなギミックを内包しています。

しかしカメラとしては大きく・重くとても さア写真を撮るぞ という感じになりません。
もともとはウエストレベルファインダーとしての生まれだそうで、シャッターボタンが左ですが、この位置はアイレベルファインダーだと使いにくいですね。シャッター音はとても魅力的です。

ウエストレベルファインダーでは左側は苦になりません。巻き上げはレバー式ですが300度位回すので速写というわけにいきません。

あくまでも根っからのカメラマニアではない素人の感想です。
カメラ好きの方にとってはまた違う感想が聞けるもの思います。


因みに、電子秤で重量を測定したところ1049gありました(アイレベルファインダー)

参考までに手持ちの中で特筆すべき軽量機の代表オリンパスM-1と貫禄のニコンF2は

オリンパス M-1     標準50㎜レンズ付きで 681g
ニコン F2フォトミック  標準50㎜レンズ付きで 1168g(さすがの貫禄です)



EXAKTA-2

EXAKTA-1

EXAKTA-4

EXAKTA-3

EXAKTA-5

後付け感ありありの USSR occupied の刻印(押印?)があります。

EXAKTA-6

EXAKTA-7

2つのファインダー。
右下:アイレベルファインダー                右後:ウエストレベルファインダー

EXAKTA-13

EXAKTA-8

EXAKTA-9

ウエストレベルファインダーの拡大鏡を出したところ。

EXAKTA-10

EXAKTA-11

EXAKTA-12

アイレベルと交換ファインダーの革ケース

EXAKTA-14

EXAKTA-16

 EXAKTA-18

オリンパス PENシリーズ

PENはハーフサイズを前面に打ち出した画期的なコンパクトカメラです。35mmフィルムを倍に使えるわけですからこの当時まだ高価だったフィルムの価格を考えると、この点でもインパクトは大きかったと思います。

家族写真や旅行のお供の撮影レベルには十分すぎるほどの解像度を持つズイコーレンズで「固定焦点」「シャッタースピード1/60秒」「露出は絞りの自動調整」と、機能を合理的に割り切ったオリンパスペン。

写したいものにカメラを向けてシャッターボタンを押せば綺麗な写真が撮れました。現代のコンパクトデジカメなどより機能がシンプルなだけに、写真を撮るということだけに専念できる優れものでした。
ペンの誕生で随分と写真撮影の裾野がひろがったのではないでしょうか。

オリンパスホームページから引用
「買ったその日から、ボタンさえ押せばだれにでも写真が撮れるカメラ」というコンセプトで、固定焦点など機能を限定したシリーズ。セレン光電池の受光部カバーを、レンズ周囲にドーナツ状に配した独特の外観で知られる(このデザインは、レンズと極めて近接して同等の光量を計測でき、セレンの面積も比較的大きく採れる長所があり、派生型のEESや、1968年発売の通常型35mm版モデル「トリップ35」にも踏襲された)。初代EEからEE-3までのシリーズはマイナーチェンジを受けながら基本デザインを変えずに長期生産され、ペンの各シリーズの中でも合わせて25年に渡って生産される最多・最長生産のロングセラーとなった

オリンパスペンEE(1961)
使いやすさに徹したオリンパスペンEEは、昭和36年(1961年)の発売です。
 価格は9.000円。このEEシリーズは、8機種まで展開し、ペンカメラが広く普及する原動力となりました。











こちらはEE-3です。
ペンEE-3(1973年5月発売) - ボディの樹脂部分および張革がペンEE-2までの灰色から黒色に変更され、フラッシュ連動機構についてもガイドナンバー14(ISO/ASA100)におけるフラッシュマチック機構追加。レンズはDズイコー28mmF3.5。最後に登場したペンEFの生産終了後も1986年まで継続生産され、ペンシリーズの最終生産型となりました。

PEN-4
PEN-5
PEN-6
左:EE        右:EE-3
PEN-16

コダック レチナIa

前回に続きスプリングカメラのご紹介です。コダックレチナ。


以下【ウィキペディア】からの引用をします。

レチナ(Retina )は1934年からドイツコダックが製造販売したカメラである。レチナとはドイツ語で網膜の意。
レチナは、カール・ツァイス製テッサー、シュナイダー・クロイツナッハ製クセナーなど一流レンズを装着、シャッターもデッケル製コンパーを採用するなど良質なパーツを採用した製品であったが、その良好な性能に比して廉価でかつ小型軽量であったことから、市場において歓迎される大ヒット製品となった。

その価格は1934年の発売直後ドイツ本国で75マルクであった。同時代の上級35mmフィルムカメラは、1935年のライカIIIa(エルマー50mmF3.5付き)が307マルク、1938年のコンタックスII型(テッサー50mmF3.5付き)が360マルクであった。また日本では1935年時点で定価195円であった。

1937年時点でも日本でのレチナは定価195円-240円であったが、ライカはレンズのグレードにより580円から950円、コンタックスはその上をゆく970円-1,600円という超高額品で共に「家が建つほど高い」と言われていた。

レチナがいかにバリュー・フォー・マネーな製品であったかを物語る逸話である。

RETINA-5

RETINA-6

レンズはシュナイダー・クロイツナッハ製クセナー50mmF3.5、シャッターはMX接点を持つシンクロコンパーを装備。

RETINA-7

RETINA-8

蛇腹が見えます。これだけで嬉しくなります。

RETINA-9

巻き上げレバーは大きくて使い易い形状です。

RETINA-10

RETINA-12

ボディー上蓋にレバーを置きフィルムを巻き上げる方式はモータードライブを内蔵しないカメラで現代でも一般的であるが、この方式は1951年にレチナIa/レチナIIaで初めて採用され、エルンスト・ライツ(現ライカ)のライカM3発売までは「レチナ式」と呼ばれていた。

RETINA--15

これはなんだかよく判りません。

RETINA-11

やっぱりスプリングカメラはこの角度で見るのが一番です。

RETINA-16

RETINA-13

RETINA-14

綺麗なプレス文字。

RETINA-17

th_P1110001.jpg

1961年発売のハーフサイズコンパクトカメラで一世を風靡したオリンパスEEと比べるとコンパクトさが実感できます。

th_P1090002.jpg

ツァイス・イコン コンテッサ(愛称:貴婦人)

アンティークカメラマニアではない私はこのカメラのご説明ができません。例によって、解説は【ウィキペディア】からの引用とすることにします。

この年代の機械式カメラは個性的なものが多くてどれを見ても楽しいです。


ツァイス・イコン(独: Zeiss Ikon )はカール・ツァイス財団傘下で1926年に創設されたカメラメーカー

コンテッサ(Contessa 、1950年発売) - イコンタ35に非連動露出計とドレーカイル式連動距離計を搭載した高級コンパクトスプリングカメラで、すなわち「スーパーイコンタ35」というような位置づけの製品である。
フーベルト・ネルヴィン設計。24×36mm(ライカ)判。レンズは前玉回転式テッサー45mmF2.8で、前期型はツァイス・オプトン、後期型はカール・ツァイス製。シャッターはコンパーラピッド、後にシンクロコンパー。

ツァイス・イコンのコードナンバー533/24。セルフコッキングではないがスプロケットが回らないとシャッターが切れない二重露出防止機構を備える。

フィルムを入れフィルムカウンターをスタートマークに合わせて巻き上げて行くと自動的に1コマ目で止まる。
左右対称で美しく、コンパクトでよく写るため人気がある。名称はツァイス・イコンの母体の一つコンテッサ・ネッテルに由来すると思われるが、イタリア語で「伯爵夫人」の意味があるため「貴婦人」等の愛称がある。1955年まで販売された。



シンメトリックデザインで大変姿が美しく、レンズを収納すると案外にコンパクトです。フィルム巻き上げは底の巻き上げノブを回転させます。
このカメラを入手以来現在まで、空シャッターを切って楽しむばかりで実写したことはないのですが、かなり写りは良いと聞きます。
ややシャッターが粘り気味なので、いずれメンテナンスでしょうか。

CONTESSA-1

CONTESSA-2

CONTESSA-3

CONTESSA-4

CONTESSA-5

レンズは前玉回転式テッサー45mmF2.8  前期型のツァイス・オプトン

CONTESSA-6

この角度から見るのが一番美しいと思います。

CONTESSA-7

CONTESSA-8

RETINA-1

フィルムの巻き上げと巻き戻しノブ

RETINA-2

露出計です。

RETINA-3

RETINA-4

コピーライカ  ゾルキーとインダスター

バルナックライカは、日本ではハンザキヤノン・ニッポンカメラ(ニッカ)・レオタックス等、アメリカではカードン、イギリスではリード等各国でコピー機が誕生しています。

今日ご紹介するカメラは、ソ連のゾルキー1(1948年から1956年まで生産)

ライカⅡの完全なコピー機として知られています。レンズはインダスター22という、ライカのエルマー50㎜とこれまた外観がうりふたつのものです。内部構成はテッサーのコピーだそうですが。

ボディの製作精度(プレスで一発みたいな感じ)、メッキや張り皮の質感などは本家のライカには到底及ばないとはいえ、レンズが収納状態であれば気軽にジーンズの後ろポケットに入れられる程度の中古価格帯なのはありがたいところです。ホンモノのライカではちょっと勇気がいります。レンズを伸ばした状態。シャター音は重い金属音のような感じで、本家のバルナックライカのようないつまででもシャッターを切っていたいと思うような軽快さはありません。 このレンズは沈胴式レンズ、インダスター22 50㎜f3.5 。外観はエルマー50㎜とそっくりさんです。 

写りは?正直なところを言えばエルマーもインダスターも単独では私にはその違いはわかりません。

オリンパスのE-PL3にLレンズ用アダプターを着けて簡単な撮り比べをしてみました。   ともに開放f3.5・シャッター速度1/80 で撮っています。

発色はエルマーが素直で癖が無いですね、良く言えばオールドレンズの柔らかな描写といえるのかもしれません。解像はインダスターが若干良いようです。なにしろ古いレンズですから個体によるコンディション差もあるとは思います、とくにエルマーは多くのバージョンがあり製造年代によっても違いがあるようですし。

厳密な比較とはいえませんが、発色の違い、深度の違い、解像度の違いなどがわかります。インダスター 50㎜ f3.5です。こちらが エルマー 50㎜ f3.5左がインダスター、右がエルマーです。

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム