コダック レチナIa

前回に続きスプリングカメラのご紹介です。コダックレチナ。


以下【ウィキペディア】からの引用をします。

レチナ(Retina )は1934年からドイツコダックが製造販売したカメラである。レチナとはドイツ語で網膜の意。
レチナは、カール・ツァイス製テッサー、シュナイダー・クロイツナッハ製クセナーなど一流レンズを装着、シャッターもデッケル製コンパーを採用するなど良質なパーツを採用した製品であったが、その良好な性能に比して廉価でかつ小型軽量であったことから、市場において歓迎される大ヒット製品となった。

その価格は1934年の発売直後ドイツ本国で75マルクであった。同時代の上級35mmフィルムカメラは、1935年のライカIIIa(エルマー50mmF3.5付き)が307マルク、1938年のコンタックスII型(テッサー50mmF3.5付き)が360マルクであった。また日本では1935年時点で定価195円であった。

1937年時点でも日本でのレチナは定価195円-240円であったが、ライカはレンズのグレードにより580円から950円、コンタックスはその上をゆく970円-1,600円という超高額品で共に「家が建つほど高い」と言われていた。

レチナがいかにバリュー・フォー・マネーな製品であったかを物語る逸話である。

RETINA-5

RETINA-6

レンズはシュナイダー・クロイツナッハ製クセナー50mmF3.5、シャッターはMX接点を持つシンクロコンパーを装備。

RETINA-7

RETINA-8

蛇腹が見えます。これだけで嬉しくなります。

RETINA-9

巻き上げレバーは大きくて使い易い形状です。

RETINA-10

RETINA-12

ボディー上蓋にレバーを置きフィルムを巻き上げる方式はモータードライブを内蔵しないカメラで現代でも一般的であるが、この方式は1951年にレチナIa/レチナIIaで初めて採用され、エルンスト・ライツ(現ライカ)のライカM3発売までは「レチナ式」と呼ばれていた。

RETINA--15

これはなんだかよく判りません。

RETINA-11

やっぱりスプリングカメラはこの角度で見るのが一番です。

RETINA-16

RETINA-13

RETINA-14

綺麗なプレス文字。

RETINA-17

th_P1110001.jpg

1961年発売のハーフサイズコンパクトカメラで一世を風靡したオリンパスEEと比べるとコンパクトさが実感できます。

th_P1090002.jpg

ツァイス・イコン コンテッサ(愛称:貴婦人)

アンティークカメラマニアではない私はこのカメラのご説明ができません。例によって、解説は【ウィキペディア】からの引用とすることにします。

この年代の機械式カメラは個性的なものが多くてどれを見ても楽しいです。


ツァイス・イコン(独: Zeiss Ikon )はカール・ツァイス財団傘下で1926年に創設されたカメラメーカー

コンテッサ(Contessa 、1950年発売) - イコンタ35に非連動露出計とドレーカイル式連動距離計を搭載した高級コンパクトスプリングカメラで、すなわち「スーパーイコンタ35」というような位置づけの製品である。
フーベルト・ネルヴィン設計。24×36mm(ライカ)判。レンズは前玉回転式テッサー45mmF2.8で、前期型はツァイス・オプトン、後期型はカール・ツァイス製。シャッターはコンパーラピッド、後にシンクロコンパー。

ツァイス・イコンのコードナンバー533/24。セルフコッキングではないがスプロケットが回らないとシャッターが切れない二重露出防止機構を備える。

フィルムを入れフィルムカウンターをスタートマークに合わせて巻き上げて行くと自動的に1コマ目で止まる。
左右対称で美しく、コンパクトでよく写るため人気がある。名称はツァイス・イコンの母体の一つコンテッサ・ネッテルに由来すると思われるが、イタリア語で「伯爵夫人」の意味があるため「貴婦人」等の愛称がある。1955年まで販売された。



シンメトリックデザインで大変姿が美しく、レンズを収納すると案外にコンパクトです。フィルム巻き上げは底の巻き上げノブを回転させます。
このカメラを入手以来現在まで、空シャッターを切って楽しむばかりで実写したことはないのですが、かなり写りは良いと聞きます。
ややシャッターが粘り気味なので、いずれメンテナンスでしょうか。

CONTESSA-1

CONTESSA-2

CONTESSA-3

CONTESSA-4

CONTESSA-5

レンズは前玉回転式テッサー45mmF2.8  前期型のツァイス・オプトン

CONTESSA-6

この角度から見るのが一番美しいと思います。

CONTESSA-7

CONTESSA-8

RETINA-1

フィルムの巻き上げと巻き戻しノブ

RETINA-2

露出計です。

RETINA-3

RETINA-4

コピーライカ  ゾルキーとインダスター

バルナックライカは、日本ではハンザキヤノン・ニッポンカメラ(ニッカ)・レオタックス等、アメリカではカードン、イギリスではリード等各国でコピー機が誕生しています。

今日ご紹介するカメラは、ソ連のゾルキー1(1948年から1956年まで生産)

ライカⅡの完全なコピー機として知られています。レンズはインダスター22という、ライカのエルマー50㎜とこれまた外観がうりふたつのものです。内部構成はテッサーのコピーだそうですが。

ボディの製作精度(プレスで一発みたいな感じ)、メッキや張り皮の質感などは本家のライカには到底及ばないとはいえ、レンズが収納状態であれば気軽にジーンズの後ろポケットに入れられる程度の中古価格帯なのはありがたいところです。ホンモノのライカではちょっと勇気がいります。レンズを伸ばした状態。シャター音は重い金属音のような感じで、本家のバルナックライカのようないつまででもシャッターを切っていたいと思うような軽快さはありません。 このレンズは沈胴式レンズ、インダスター22 50㎜f3.5 。外観はエルマー50㎜とそっくりさんです。 

写りは?正直なところを言えばエルマーもインダスターも単独では私にはその違いはわかりません。

オリンパスのE-PL3にLレンズ用アダプターを着けて簡単な撮り比べをしてみました。   ともに開放f3.5・シャッター速度1/80 で撮っています。

発色はエルマーが素直で癖が無いですね、良く言えばオールドレンズの柔らかな描写といえるのかもしれません。解像はインダスターが若干良いようです。なにしろ古いレンズですから個体によるコンディション差もあるとは思います、とくにエルマーは多くのバージョンがあり製造年代によっても違いがあるようですし。

厳密な比較とはいえませんが、発色の違い、深度の違い、解像度の違いなどがわかります。インダスター 50㎜ f3.5です。こちらが エルマー 50㎜ f3.5左がインダスター、右がエルマーです。

エルマー 50㎜F3.5

バルナックライカ定番レンズのエルマー50㎜をようやく入手しました。前から欲しいと思いながらなかなか状態と価格で合うものがなかったのです。

鏡筒収納状態でのコンパクトさにはついウットリ見とれるほどの魅力があります。


ライカのズームフード・FIKUSを装着してみました。A36径のいろんなレンズに対応可能です。フードの長さを押しネジで調整して35~135mmに対応出来ます。しかし、現実には結構な先重になります。

せっかくのコンパクトなエルマーには装着して撮影をする気にはなれません。



フードつながりでもう一つ変りものをご紹介します。

ライカ ズミタール専用の折り畳みフード SOOPDです。多数あるライカのフードの中で、唯一の折り畳み式フードです。ズミクロンにも使用することができます。広げた場合の概略寸法は、横83mm、縦59mm、奥行き46mmの箱型です。畳むと厚さ10mmほどになります。2本の爪でレンズに固定できます。

ズミタールとズミクロンが同時に販売されていた時代に作られたものだそうですが、これまたとても実用にしたいと思えるものではありません。それにしてもこの頃のライカレンズやアクセサリーは個性的です。

いずれも今ではコレクションアイテムでしょうか。

折り畳んだ状態使用状態FIKUSとSOOPD

バルナック ライカ

大変状態の良いバルナックライカIIIfです。
シリアルナンバーからみると1951~52年にかけて製造された個体です。
どこを見ても擦り傷一つなく、60年以上も前の製造なのに今まで何処で眠っていたんでしょうか。
ボディのグッタペルカ(張り革)も同様に生まれたばかりのような状態です。
使用すれば傷がつきがちな軍艦部や底蓋にも一切傷はありません。




幸いなことにシャッターも各スピードで軽快に切れて、粘るようなこともありません。
ファインダーの合焦、コントラストも良好です。




シリアル Nr.581165
Summaron 35mm/f3.5 を装着してみました。

こちらはSummitar 50mm/f2.0 の鏡筒沈胴状態

Summitar 50mm/f2.0 鏡筒を伸ばした状態。

こちらは別の個体で同じくⅢfですが、こちらは実使用で楽しむために入手したものです。

レンズは純正の Elmmer 90㎜f/f4.0です

この個体のシリアルナンバーは Nr.566844 で、1951年製です。
後付ファインダーは旧ソ連製のターレットファインダーで、28・35・50・85・135mmの5種類の視野切替が出来ます。ソ連製のものとしてはなかなか良く仕上がっています。何より見た目が楽しいですね。


Ⅲfはバルナックライカとしては最終型のモデルでその後は今に続くMシリーズになっていきます。
バルナックタイプのⅢgもありますが、このモデルはその後Ⅲfの復刻版みたいな形で発売されたものです、一部にMシリーズの機構を取り入れていますが、実質的なバルナックライカの最終型はⅢfでしょう。
Ⅲfにはセルフタイマー付のモデルも追加されましたが、デザインとしてはタイマーの無いモデルの方が洗練されているように感じます。Ⅲfは戦後間もないドイツの製品としては驚くばかりの完成度で、オスカーバルナックの遺産の最後を飾るモデルにふさわしいカメラではないでしょうか。

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム