FC2ブログ

北魏 加彩馬俑

北魏馬1

新型コロナウイルス騒動は未だ終着点は見えず、世界から日本の対応の中途半端さに批判が向けられるような状況になってきました。
中国だからあんなに蔓延したんだなどの無責任な話も、最近の日本の状況を見ていると自分の足元はどうなんだろうと考えてしまいます。

今回の出来事で世界は、いや日本はいかに中国依存の経済構造だったかと思わざるを得ません。
インバウンド依存の全国の観光地も甚大な被害??が出ているようですね。
このへんのことも少し考え直す必要があるような気がします。
今、京都や奈良に行ったらきっと静かな昔の風情が味わえるのかもしれません。(でも時間がなくていけませんが)

百円ショップは70%以上が中国製品だったなどは想像の範囲ですが、いまや自動車に始まり産業界のあちこちで生産ストップとか、減産などが起こっています。
私の関係する建築業界でもシステムキッチンや、ユニットバスはいうまでもなく便器までもが受注の一時停止、その他クロスや床仕上げ材にまで影響が出ている有様です。
今後ともまだまだ大きな影響が出てくると思いますが、ある面では逆に中国の偉大さが見えた一面でもあるような気がします。


今回はその偉大な中国北魏時代の、多分それなりの地位の死者の副葬品であったであろう馬俑の紹介です。
三彩の俑はもちろん素晴らしいですが、加彩もまた良いですね。

北魏の馬がみな こんなに着飾っていたわけはないでしょうから これはどんな馬なんでしょうか。
きっと軍馬で高い位の人間が乗っていたんでしょうかね。

現代では、多くの人は「死」すなわち終わりと考えているのでしょうが、古代中国の人々は死後の生活に思いを馳せ、このような俑を造らせて準備を整え、新たな世界への旅立ちを迎えようとしたのでしょう。


北魏馬2
北魏馬3
北魏馬4
北魏馬5
北魏馬6
北魏馬7
北魏馬8
北魏馬9
北魏馬10
北魏馬12

鳴海織部 菱形筒向付

鳴海織部筒向付   高さ:11㎝  口径:長径7.5㎝  短径5.7㎝  
桃山時代

th_PC210001のコピー

元々は筒向付として5客あるいは10客の組物だったと思われますが、離れ離れて今は1客のみ、
箱書は火入れとなっています。
離れの1客でも見立ての火入れとすれば表舞台に出せると考えたのでしょうが、実際にはどうでしょう
火入れとするにはもう少し口径が欲しいような気がします。

口縁にごく小さな金繕いが3箇所ありますが馴染んでしまっているので目立ちません
年代を考えればほぼ無傷完品と言いたいところです。

ところで、織部の様々な技法の中でも鳴海織部は他にはない独特の雰囲気を醸し出します。

緑釉を鮮やかに際立たせるために器の上部に白土を、下の部分には鉄分を含む赤土を用いて接ぎ合わせ、さらに赤土の部分には白泥を塗り、鉄絵を加えています。

この向付の場合、白泥で表現されるのは表が大振りに描かれた吊るし柿、裏絵が葡萄文となっています
白土の上に掛けられた透明感のある緑釉の美しさと、程良いところで止まった緑釉の釉溜まりが青く窯変した部分は特に見どころといえるでしょう。

th_PC210002のコピー
th_PC210003のコピー
th_PC210004のコピー
th_PC210006のコピー
th_PC210007のコピー
th_PC210008のコピー
th_PC210017のコピー
th_PC210010のコピー

もう晩秋

ふと気がつけばもう秋真っ盛り、晩秋と言っても良い時期になりました。

昨日は新宿での仕事を終えてつくば市の仕事先へ急行。
実は10日ほど前も同じ場所での仕事だったのですが、天気が悪く筑波山が霞んでいたため残念でした。
昨日は天気も良く、久しぶりに間近の筑波山を見ることができラッキー。
関東平野の北にポツンと立っている姿は東の富士、西の筑波といわれるほどで、決して高い山ではないけれど
裾野まですらっと見える姿が美しいですね。
多分中腹から上では紅葉しているんでしょう。

火山ではなく隆起した花崗岩によって形成されていると知ったのは最近のことです。

A00248C0-B9E5-44C5-9891-3F5F353830C6.jpeg

接木苗の柿の木を鉢から地植えにして四年目、ようやく今年になって柿らしい柿ができました。
苗の購入から六年目ということになります。
昨年は小さい柿の実がたくさんついたので期待したのですが、みごとに全滅したので心配していたのですが、
今年の生理落下は半分程度でした。

ここのところようやく色付き始めていつ獲ろうかと毎朝色の変化を楽しませてもらいました。
久しぶりに明るいうちに帰宅できた今日収穫です。11個!!! 来年が楽しみです。
タワワに成るというほどにはまだまだでしょうが樹高も3mを超えてきたのでもう大丈夫でしょう。

A148D60C-547B-44BF-A00D-77528E755C6B.jpeg

ついでにヤマボウシの剪定(枝の伐採に近い)をしたところ鳥の巣を発見。
さてさて何の鳥の巣やら。
無事に巣立っていったんでしょうか。

FEBC1FEA-DEBF-44FB-B655-B3C788720AEF.jpeg
B871F726-444B-4422-9066-608149021820.jpeg

令和元年 九月場所初日

20190908232844b11.jpeg

太鼓櫓を見上げながらいざ初日の大相撲観戦へ

初日恒例の理事長ご挨拶、概ねいつも通りの内容ですが。
今場所も大関の休場ありですね。

20190908232852cfb.jpeg

横綱土俵入りは先場所優勝の鶴竜から
気負いのない綺麗な雲龍型の土俵入りでした。

20190908232851151.jpeg

続いて白鵬土俵入り
少し癖のある不知火型です。尻周りの筋肉の衰えが見えますね。
初日に金星を出しちゃったのは初めてでしょうか?

2019090823285270c.jpeg

今場所の注目は貴景勝。
10勝して大関復帰なるかでしょう。
さすがに初日の今日はやや緊張気味の相撲でした。
勝ち星を拾ったので明日からが楽しみですね。

20190908232852b03.jpeg

李朝 初期白磁壺

th_李朝白磁壺1

李朝初期白磁壺
高さ 18.5㎝   口径 9.0㎝   胴径 19.0㎝   底径 11.0㎝

「骨董は李朝に始まり李朝で終わる」んだそうです。

これは昔から言われていることですが、私に限ってはどうもいつもあっちに行ったりこっちに来たりでジャンルは定まりません。
一応伊万里、平戸をメインと思ってはいるのですが、ナカナカ。

李朝白磁壺の一番人気は提灯壺だということですが、私は本作のような唐の万年壺を引き延ばしたようなこちらの方が好みです。
しかしながら、なかなか目に叶う壺はそうそう出会うものではありません。

ご紹介の壺は、この手の中でもベストといって良いくらいの肌で、シミなども一切なく、嫌な貫入もありません。
胎土は硬く、底が厚いのか口縁の柔らかな印象とは異なり、手取りはやや重いです。

本作は世界的な古美術ディーラーである壺中居さんの箱に納まった由緒正しい品です。
一流オークションの来歴に「Kochukyo」と記載されるほどの名店といわれるのがわかるような気がします。

キリッとした姿ですが、口縁の低い返しの歪みや、僅かに残る胴の轆轤目のうねりなど日本人の侘び寂び心情に訴えるものがあるように思います。

写真で肌の雰囲気はなかなか伝わりませんが、色は実際には、僅かに青みのかかる冷たい印象の発色です。
飾る場合には照明で大きく印象が変わりそうです。

もうこれ以上の李朝は買えそうもないのでこの李朝で終わることにします。
始まりは平戸でしたが、、、、

th_李朝白磁壺2
th_李朝白磁壺3
th_李朝白磁壺4
th_李朝白磁壺7
th_李朝白磁壺8
th_李朝白磁壺9

壺中居さんの箱。

th_李朝白磁壺10

プロフィール

たんたん

Author:たんたん
たんたんブログへようこそ
私のささやかな蒐集品などの
記録や日々のあれこれなど

FC2カウンター

ブロとも一覧

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム